彦根犬猫病院 Hikone Animal Hospital

〒522-0002 滋賀県彦根市松原町3616-1
0749-47-3867
MENU TEL

診療案内 Medical infomation

一般診療
予防医療
高度医療
皮膚科
腫瘍科
皮膚科

動物の皮膚病は命に関わることは少ないのですが、慢性化したり再発を繰り返すことが多く、長期間にわたってQOL(生活の質)を低下させます。特に室内犬が増えている現在では、皮膚病に苦しむ子をそばで見る辛さだけでなく、皮膚病により起こる汚れや臭いが家族の悩みの種となることも多々あります。また、あまり知られてはいませんが、動物の皮膚病の中には稀に命に関わる病気や、人にうつる病気も存在します。

症状について

動物の皮膚病には様々な症状の出かたがあります。

  • 痒がる(足で掻く・体を舐める・体を擦り付ける・頭を振る)
  • 湿疹ができる
  • 赤くなる
  • 傷ができる
  • 腫れる
  • 毛が抜ける/毛が薄くなる
  • 毛がべとつく
  • フケが多い
  • シャンプーをしても臭いが気になる

などです。
このような症状に気付かれましたら、まずはご相談ください。中でも、同時期にご家族に皮膚の症状が出てきた場合や、治療をしていても日に日に悪化していく場合は危険な病気である可能性がありますので、ご注意ください。

治療について

動物の皮膚病における問題点は、アレルギー性皮膚炎や角化異常(フケ症・脂症)などの完治しない病気が多いことです。近年では、治りにくいと考えられていた動物の皮膚病に関しても、情報が蓄積されてきており、一般の病院でも様々な新しい治療薬を使うことができるようになりました。当院では、適切な検査により病気を診断した後に、ガイドラインに基づくスタンダードな治療法から、抗体療法や減感作療法などの新規治療法もご提案させていただいております。また、皮膚病はシャンプーやスキンケア、食事など日常のケアにより体質を改善させることも重要です。しかしながら、動物の性格やご家族の事情によっては、治療のための飲み薬や食事を与えられなかったり、定期的なシャンプーが困難なこともあります。さらに、皮膚病は同じ病気でも症状の出かたや症状の重さは様々です。そのため当院では、それぞれの動物の症状とご家族の生活スタイルに最も適した治療を提案することで負担を軽減し、動物とご家族がより快適に過ごせるように努めています。

他の診療科目もみる
一般診療
予防医療
高度医療
皮膚科
腫瘍科